<

ISO ニュース

ISO・プライバシーマーク取得

このページへの登録は、随時受け付けています。


JICQAニュースレター 日本検査キューエイ(株)
最新号 種別 ISO14000&ISO9000


プライバシーマーク・個人情報保護関連ニュース
プライバシーマーク・個人情報保護関連ニュース


お茶の入れ方のISO標準

ISO 3103:1980で規格になっています。
Abstract(要約)
The method consists in extracting of soluble substances in dried tea leaf, ontaining in a porcelain or earthenware pot, by means of freshly boiling water,pouring of the liquor into a white porcelain or earthenware bowl,examination of the organoleptic properties of the infused leaf, and of the liquor with or without milk or both.
(この方法では、陶磁器または土器のポットの中で湯によって茶葉の可溶性成分を抽出すること、その液体を陶磁器または土器の白いカップに注ぐこと、注がれた茶葉の状態を調べること、そうして作られたミルクを入れた、もしくは入れていない液体について規定している。)

紅茶についても、ISO 3720:2011で規格になっています。日本語訳は、ありません。原文のみ日本規格協会で販売しています。


ISO/JISQ/OHSASの社員教育

 ISO9001/ISO14001/ISO27001/ISO10002/JISQ15001/OHSAS18001の規格要求事項では、
 以下のように、社員に教育・訓練を求めています。

 ISO9001:20015
 7.2 力量

 ISO9001:20015
 7.3 認識

 7.2 力量

 ISO9140001:20015
 7.3 認識

 5.2.2 教育・訓練、意識向上及び力量

 ISO10002:2005
 5.3 責任及び権限
 5.3.5 すべての要員は、次の事項を実施することが望ましい。
 − 苦情に関する自らの役割、責任及び権限を認識する。

 JISQ15001:2006
 3.4.5 教育
 a)個人情報保護マネジメントシステムに適合することの重要性及び利点
 b)個人情報保護マネジメントシステムに適合するための役割及び責任
 c)個人情報保護マネジメントシステムに違反した際に予想される結果

 OHSAS18001:2007
 4.4.2力量,教育訓練及び自覚


情報セキュリティの必須項目である、ソフトウエアのバージョンチェックソフト

セキュリティ対策の不備による被害を防ぐための最新バージョンの製品を使用するためのフリーソフト(無料)がIPA(情報処理推進機構:)から公開されています。


ISO(International Organization for Standardization)
世界のISOの取得状況


6月5日は、環境の日。6月は環境月間です。

 環境の日及び環境月間とは

 6月5日は環境の日です。これは、1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では「環境基本法」(平成5年)が「環境の日」を定めています。
 「環境基本法」は、事業者及び国民の間に広く環境の保全についての関心と理解を深めるとともに、積極的に環境の保全に関する活動を行う意欲を高めるという「環境の日」の趣旨を明らかにし、国、地方公共団体等において、この趣旨にふさわしい各種の行事等を実施することとしています。
 我が国では、環境庁の主唱により、平成3年度から6月の一ヶ月間を「環境月間」(昭和48年度〜平成2年度までは、6月5日を初日とする「環境週間」)とし、全国で様々な行事が行われています。世界各国でも、この日に環境保全の重要性を認識し、行動の契機とするため様々な行事が行われています。

出展:環境省ホームページ


パロマ工業湯沸かし器事故、元品質保証部長に有罪判決

 2010年5月11日、パロマ工業製湯沸かし器による一酸化炭素中毒で2人が死傷した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元社長、元品質管理部長に有罪判決が出た。

 以前にも、2006年7月に、トヨタ自動車の歴代の品質管理担当幹部3人が「危険性を認識したのに放置した」として書類送検されている。
また、2007年2月、「リンナイ」の、事故当時に同社品質保証部長が業務上過失致死容疑で横浜地検に書類されている。

 このようなことからも、品質保証部長の役割及び責任は、重要です。


労働基準法が改正されます(平成22年4月1日施行)

 第170回国会で成立した「労働基準法の一部を改正する法律」が平成22年4月1日から施行されます。

主な改定は、
 (1)時間外労働の削減
  ・限度時間を超える時間外労働の労使による削減
  ・法定割増賃金率の引上げ
  ・代替休暇制度の創設

 (2)年次有給休暇の有効活用   ・時間単位年休制度の創設

となっています。

改正省エネ法が2010年4月1日より施行

 地球温暖化対策の対象事業者となる数字として、年間のエネルギー使用量が原油換算値で1500kl以上というものがあります。

 この1500klに該当するかどうか、どのように判断するのでしょうか。
 目安を探しました。岩手県庁のHPにありました。
 車40台以上所有、又は、電気代年間600万円以上の場合、詳細に算出し、自社が地球温暖化対策の対象事業者かどうかの判断を行いましょう。

届出を怠ったり虚偽の届出をした場合、50万円以下の罰金が科せられます。


「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」の改正

平成21年10月9日に「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」の改正が行われました。

個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン(平成16年10月22日厚生労働省経済産業省告示第4号 、平成21年10月9日改正)
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/privacy/

上記、経済産業省のページには、個人情報保護法の解説ビデオもアップされていますので、参考にしてみては如何でしょうか。

個人情報保護ガイドライン説明会も日本各地で実施されます。
http://www.guideline-setsumeikai.jp/


●個人情報保護法

 個人情報保護法の正式名称は、「個人情報の保護に関する法律」といいます。

2003年(平成15年)5月30日に成立、2005年(平成17年)4月1日に全面施行となっています。

最終改正は、平成二一年六月五日です

内容は、次にようになっています。

個人情報の保護に関する法律


●ISO9001:2008新規格解説セミナーについて

 審査機関、コンサル機関で、ISO9001:2008新規格解説セミナーを開催するところが出てきました。

 無料セミナーに参加する場合は良いのですが、有料セミナーに参加する場合、下記の図書を購読してから参加の決定をしたほうが良いと思います。

 個人的な意見ですが、今回の改訂は「Shall」の訳が「すること」から「しなければならない」に変わっただけではないかと思える位に、前回のISO9001:2000と内容的に変わっていません。

 下記の図書の宣伝はするつもりではありませんが、この本を読めば、理解できると思います。

 経済産業省でも、同じようなことをいっています。
 「経済産業省 ISO9001:2008の発行について」(既に削除されています)

ISO9001新旧規格の対照と解説 ISO9001新旧規格の対照と解説
(2008/12)
飯塚 悦功平林 良人

テックリサーチ
10分で解るISMSの基本 提供者 鈴木淑雄


ISO NAVIGATOR


お問合せ