重要ファイルの持ち去りを防ぐ

  

電子メールの誤送信

平成17年11月の内閣府国民生活局の「個人情報保護の現状と施策について」において、
情報漏えい元・漏洩した者の78%が従業者という結果になっています。

また、平成22年9月、NPO日本ネットワークセキュリティ協会の「2009年度情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」によると、
漏えい媒体・経路は、
1位−紙媒体   72.6%
2位−USB等    9.4%
3位−電子メール 7.0%
となっています。

社内からの情報流出を考えた場合、

1)紙媒体   :コピー機による原本をコピーしての持ち去り

2)PCファイル :USBメモリ、SDカードにファイルをコピーしても持ち去り

3)電子メール :操作ミスによる誤送信等

この3点が最重要課題です。

このページでは、電子メールによる誤送信を防ぐための方策を紹介致します。
電子メールを誤送信を防止するためのソフトウエアパッケージもありますが、まず、行うべき方策を紹介致します。

ミハリ・シューマッハとは

すぐにメールを送らない。
送信ボタンを押下すると、すぐにメールの送信がされてしまいます。
うっかりミスを防ぐためには、送信後、確認するために、ワンクッションを置くことをお勧めします。





「メッセージを直ちに送信する」のチェックをはずす。

これだけで、確認するための時間がとれるために、うっかりミスによる誤送信がなくなります。

ミハリ・シューマッハとは

すぐにメールを送らない。
送信ボタンを押下すると、すぐにメールの送信がされてしまいます。
うっかりミスを防ぐためには、送信後、確認するために、ワンクッションを置くことをお勧めします。

下記に、手順が記述しています。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/548ol1min/ol1min.html